学会誌【日本補助犬科学研究】Society records

日本身体障害者補助犬学会誌 投稿規定

学会誌トップに戻る

  1. (投稿資格)

    本誌への投稿は、日本身体障害者補助犬学会の会員であることを原則とする。なお、共著論文については、筆頭著者が本学会の会員であることを要する。ただし、依頼原稿等についてはこの限りではない。

  2. (投稿論文の制約)

    他誌に発表された、または発表予定の論文の投稿は認めない。

  3. (投稿原稿の種類)
    1. 原著:独創性・新規性のある研究論文または研究ノートとする。
    2. 総説:身体障害者補助犬に関連する事項について、多面的に知見を収集して総合的に概説し、本学会に資する資料として有用になるものとする。
    3. 事例研究:単一事例や少数例であっても、本学会に資する資料として有用になるものとする。
    4. 現場報告:身体障害者補助犬に関連する活動等の紹介・報告であって、本学会に資する資料として有用になるものとする。
    5. 書評:身体障害者補助犬に関連する書籍に限る。
  4. (投稿原稿の枚数)

    投稿原稿は、文章はパソコンのワープロソフトで作成し、word形式(.doc/.docx)あるいはリッチテキストファイル形式 (.rtf)で保存したもの、 図表・写真はパワーポイント形式(.ppt/.pptx)、JPEG形式(.jpg)、TIFF形式 (.tiff)、PDF形式(.pdf)等一般に使用されているファイル形式で保存したものを、 学会事務局宛てに添付ファイルで電子メー ルで提出する。
    また、誓約書・著作権委譲証明書をサイトからダウンロードして印刷署名捺印の上、スキャンしてPDFファイル化して、学会事務局宛てに添付ファイルで電子メールで提出する。

  5. (英文校閲証明)

    英文論文の場合は、必ず英語を母国語とする外国人に校閲を受け、その証明書を添付するものとする。

  6. (提出先)

    投稿原稿は下記メールアドレスへ添付ファイルで電子メールで提出する。
    日本身体障害者補助犬学会事務局 E-mail:info@jssdr.net

  7. (査読結果の通知)

    査読結果は別に定める書式によって投稿者に通知する。

  8. (再提出の方法)
    1. 修正箇所にハイライトあるいはアンダーラインを引くこと
    2. コメントへの回答文(各指摘に対してどこをどのように直したか記載)を作成して添付すること
  9. (掲載の採否)

    投稿原稿の採択及び掲載順は、編集委員会において決定する。

  10. (印刷の体裁)

    印刷の体裁は、編集委員会において決定する。

  11. (掲載料)

    掲載料は無料とする。ただし、別刷については有料実費とする。

  12. (著作権の帰属)

    本誌に掲載された論文の著作権は、日本身体障害者補助犬学会に属する。

(付則1)本規定は平成17年9月1日から施行する。

(付則2)本規定は平成20年1月23日に一部改正する。

(付則3)本規定は平成26年5月2日に一部改正する。

(付則4)本規定は平成27年9月14日に一部改正する。

(付則5)本規定は平成30年8月27日に一部改正する。

〒150-0045 東京都渋谷区神泉21-3-3F 財団法人日本盲導犬協会東京本部内
 日本身体障害者補助犬学会事務局
 TEL:03-3468-1733
 E-mail:info@jssdr.net

ページの
先頭へ